根管治療

根管治療とは

根管治療とは、虫歯が歯髄まで進行(C3以上)した場合や、根の病気になってしまった場合には、必要になる治療です。しかし、この根管治療 (歯の神経・根の治療)は、かなり難易度の高い治療です。歯の根の中は直接見ることができず、形も複雑で、かつ、人それぞれなので完全に細菌を取り除くことが非常に難しく、しかも細菌を取り残した状態でインレーなどでつめたり、クラウンをかぶせてしまうと、後々細菌が増殖してトラブルが出てきてしまうこともあるのです。後からトラブルが出てきてしまった場合には、ほとんどのケースで前に治療したつめ物やクラウンなどは作り直さなければならず、最悪の場合は抜歯になってしまうこともあります。

さいとう歯科の特徴

さいとう歯科の特徴

さまざまな歯科医院で行っている根管治療ですが、実は治療方法や歯科医師の技術力で治療結果に大きな差が出ることをご存知ですか?当院では次の3つを根管治療の特徴としております。

精密治療

根管治療は、神経や血管が複雑に交差している歯髄(しずい)の治療です。少しでも歯髄の中に細菌を残してしまうと、虫歯が再発してしまうため、細かな部分まで丁寧に治療を行うことが重要です。歯科医師の医療技術や経験ももちろん必要ですが、当院ではマイクロスコープを使いながら精密な治療を心がけております。

痛みに配慮

根管治療は、神経の治療となるため、強い痛みを伴う場合がありますが、当院では丁寧に麻酔の処置を行うことで、治療中の痛みを抑えています。
十分な施術時間を設けていない場合、麻酔の効果が出る前に治療をしてしまうこともありますが、当院では表面麻酔を施した上でしっかりと麻酔の効果があらわれるまで待ちます。その後できるだけ歯茎に圧力をかけないように麻酔薬を注入し治療中の痛みの軽減につなげています。

少ない治療回数

当院では、基本的に自由診療中心の治療をご提案しております。保険適用で根管治療を行うと、治療工程が定められているため通院の回数が多いですが、自由診療であれば、1回あたりの治療内容を充実させることができ、少ない回数で治療を終えることが可能です。

自費診療と保険診療の違い

自費診療 保険診療
診断 デンタルレントゲン撮影(2D)

歯科用3DコーンビームCT
デンタルレントゲン(2D)撮影のみ
治療時間(1回あたり) 60~90分 20~30分
治療回数 1回~4回 4回~10回
治療費(税込) 11,000円~16,500円 3割負担の場合:3,000円
医療機器 マイクロスコープ
(最大20倍以上の拡大率)
裸眼(歯科医師の経験に基づき、指や手の感覚で治療を行うことが多い)
医療器具 ニッケルファイル
(新品を使用)
ステンレスファイル
(滅菌をした上で、再利用)
細菌の防御 あり なし
お薬の充填方法 垂直加圧充填
MTA根管充填
CWCTテクニック
側方加圧充填
歯冠(歯の土台) ファイバ―コア
(天然の歯と同様の柔軟性がある素材)
メタルコア
(金属製のため、アレルギーを引き起こしたり、破損する可能性がある)

デメリット

  • 保険が適用されないため、治療費の負担が大きいこと。
  • 歯科医院によって治療費が異なること
  • 設備と技術が必要になる為、治療を受けられる医院が限られている。

お問い合わせはお気軽に

さいとう歯科へのご予約•お問い合わせはこちらから
※当院は完全予約制です
※治療は自由診療(保険適用外)になります

診療時間:9:00〜13:00/13:00~19:00
休診日:土曜日午後・日曜日・祝日