虫歯治療

虫歯治療について

虫歯治療について

虫歯治療は「早期発見・早期治療」が重要になります。そのためにも、とくに悪いところがなくても、歯のクリーニングやメンテナンスで歯科医院を訪れることが大切です。ただ、もしも虫歯が発見された場合には、3つのポリシーで虫歯治療を行っております。

  • できるだけ削らない
  • できるだけ神経を取らない
  • できるだけ抜歯しない

虫歯の進行

C0(初期の虫歯)

C0(初期の虫歯)

※正しい歯磨きで健康な状態に戻せます
まだ歯に穴はあいていないが、表面が溶かされてツヤがなくなり、白く濁って見えたり薄い茶色になったりします。痛みなどの自覚症状はなく、「再石灰化」によって健康な歯に戻すことができます。

C1(エナメル質に限られた虫歯)

C1(エナメル質に限られた虫歯)

歯の表面(エナメル質)の限られた狭い範囲に穴ができている状態です。特に痛んだりしみたりはしない場合が多いです。

C2(象牙質まで達している虫歯)

C2(象牙質まで達している虫歯)

虫歯が歯の内部に広がり、「象牙質」まで進んだ状態です。冷たいものを飲んだり食べたりすると痛みを感じます。

C3(神経まで進んだ虫歯)

C3(神経まで進んだ虫歯)

虫歯が神経(歯髄)まで進んでいる状態です。表面の穴は大きくなく、内部で広がっていることがあります。激しい痛みがあります。

C4(歯根だけ残った虫歯)

C4(歯根だけ残った虫歯)

歯冠部(歯茎から上の見える部分)がほとんど崩壊し、歯根だけ残った状態です。神経が死んでしまうと、痛みを感じなくなります。細菌に感染すると、根の先に膿が溜まったり、痛みが起こったりすることがあります。また、放置すると全身の健康を害する病巣となります。この状態になると治療は困難になり、通常は抜歯となります。

お問い合わせはお気軽に

さいとう歯科へのご予約•お問い合わせはこちらから
※当院は完全予約制です
※治療は自由診療(保険適用外)になります

診療時間:9:00〜13:00/13:00~19:00
休診日:土曜日午後・日曜日・祝日