移植・再植

歯の移植について

歯の移植は、「歯牙移植」といい、重度の虫歯や歯周病、外傷による歯の破損、噛み合わせが歯に負担を与えている場合など、歯を1本抜歯する必要が出てきた時、その抜歯した部分に、自分の親知らずや、埋没している歯(機能しないで骨の中に埋まっている歯のこと)を抜歯して移植する方法です。

移植する際には、歯の根に「歯根膜」と呼ばれる組織が付着していますが、その歯根膜も一緒に移植します。自分の歯と組織で移植が行われるため、インプラントや義歯と異なり、生体に対して優しく、条件が合えば非常に有効な方法と言われています。基本的に「自家歯牙移植」と呼ばれる自分自身の歯や組織を使った歯牙移植の方法がメインとなっています。

※保険が適用される場合とされない場合があります
※親知らずを移植する場合は保険適用になることがあります

自家歯牙移植のメリット

  • できるだけ削らない
  • できるだけ神経を取らない
  • できるだけ抜歯しない

治療自体は難易度が高いのですが、麻酔による治療ですので、痛みもほとんどないと言われています。
また、歯牙移植は、ある一定の条件が必要になってきます。事故で歯が抜けてしまったような場合や、従来の治療が思わしくなくて歯牙移植を行う場合でも、「不必要な歯がないと出来ない」治療です。
また、

  • ・移植する歯自体が歯周病でないこと
  • ・移植する歯の根があまり複雑でないこと
  • ・移植予定の歯のサイズが類似していること

などがあげられます。
※若いことも条件といえますが、若くなくても治療出来るケースはあります。

歯の再植について

意図的再植

意図的再植とは、治療のため戦略的に一度抜いて再植する方法をいいます。例えば、歯の根の部分に大きな病巣ができていたり、通常の根の治療では治らないようなときに、一度わざと歯を抜いて、細菌感染したところなどを取り除いたり、病巣をきれいにしたりしてから、元の場所に戻す方法があります。

またむし歯が歯肉の深いところまでできているときなどに、一度歯を抜いてから歯の向きを90°または180°向きを変えて、むし歯によって感染した歯質を歯肉よりも上に持ってくるようにして再植する方法もあります。

歯の状態によっては、必ずうまくいくというわけではなく、最後の手段なのですが、ここでも歯根膜がきちんと保存されていれば、一度抜いても再度歯はくっついてくれます。

  • ・歯根嚢胞の治療のために一度抜歯して治療し、再植する → 意図的再植
  • ・重度の歯周病の治療のために一度抜歯して治療し、再植する → 意図的再植

再植

再植とは、怪我や事故などで、歯が抜けかかってしまったり、抜け落ちてしまった場合に、再びもとの場所に歯を戻すことをいいます。

  • 怪我や事故などで歯が抜けかかっている場合(脱臼)
  • 怪我や事故などで歯が完全に抜けてしまった場合

これらの場合でも、歯を元の位置に戻してあげることで、再び歯はくっつく可能性が高いのです。
ただ、

  • ・歯の根の部分にある歯根膜という組織が残っていること
  • ・損傷していないこと
  • ・汚染されていないこと

などの条件が必要です。

ですから、歯が抜けて汚れた状態になっても、ゴシゴシ拭いたり、お水で洗ったりしてはいけません。歯を乾燥させないようにして保存液があればその中に入れます。保存液がない場合には、牛乳があればその中に入れたり、それもない場合には軽く汚れをとって口の中に入れておけば歯根膜は変性しません。それからすぐに歯科医院に行ってください。

動画でご説明

只今準備中です

PAGE TOP