予防歯科・メインテナンス

予防歯科・メインテナンス

健康について後悔していることの第1位「歯の定期検診を受ければよかった」

「リタイア前にやるべきだった…」後悔トップ20【2】健康 ※PRESIDENT Online より

健康の後悔トップ20

歯の定期検診を受ければよかった

スポーツなどで体を鍛えればよかった

日頃からよく歩けばよかった

腹八分目を守り、暴飲暴食をしなければよかった

間食を控えればよかった

頭皮の手入れをすればよかった

たばこをやめれば良かった

ストレス解消法を見つけておけば良かった

よく笑い、くよくよ悩まず過ごせば良かった

不規則な生活をしなければ良かった

なんでも相談出来る医師を見つければ良かった

バランスを考えて食事をすれば良かった

早寝早起きをすれば良かった

肌のお手入れをすれば良かった

悩み事を相談できる相手を見つけておけば良かった

定期的に健康診断を受ければよかった

軽い不調を悔らず早めに治療すればよかった

ボケ防止のためにもっと脳を使えば良かった

眼の定期検診を受ければよかった

体に良いものを積極的に食べればよかった

お口の健康を失ってから、歯医者に行きますか?

日本人の80歳のときの残存歯の数は10本程度といわれています。そして、50歳を超えた日本人の半分以上、また75歳を超えると6割~7割程度の方が入れ歯に頼っているともいわれています。欧米人は同じ年齢でも残存歯数は日本の倍程度(20本程度)の本数が残っているといわれています。この違いは「予防」に対する概念の違いが原因となっているといわれています。 日本の場合は「痛くなったら歯医者に行く」という考え方ですが、欧米の場合は「痛くなる前に予防のために歯医者に通う」という考え方です。

先進国の70歳の残存歯数

定期的な歯科医院でのクリーニング・メインテナンスが健康の鍵に

定期的な歯科医院でのクリーニング・メインテナンスの理想的な来院ペースは1~3ヶ月周期とされていますが、その人の状況に応じて変わってきます。そして、このようにしてプロフェッショナルケアを受けられた方と、痛くなったときにだけ歯医者に通う方では最終的な残存歯数や健康面においても大きな差が出てきます。

各国の定期的に歯科検診・クリーニングを受けている人の割合
PMTCとは

「PMTC」は、Professional Mechanical Tooth Cleaning の略で、歯磨きでは落ちない歯の汚れや、細菌の巣になっているプラーク(バイオフィルム)を、プロが専用の機械を用いて取り除く、歯のメンテナンスのことをいいます。

実はご自身での歯ブラシなどによるホームケアだけでは、このしつこいバイオフィルムを完全に取り除くことは非常に困難なのです。また、一度歯に付着したタバコのヤニやステインなどは通常の歯磨きだけでは取り除くことができません。

PMTC

バイオフィルムとは

歯周病の原因は、バイオフィルム(様々な細菌の集合体で、歯面に強固に付着し、簡単には取り除けません)による、ある種の感染症としてとらえるようになってきました。さらに、歯垢はバイオフィルムの構造で存在しているために、バリア機能を発揮し、多くの抗菌剤は内部に浸透せず、その効果が十分に発揮されないことがわかっています。

強固に付着したバイオフィルムを除去するためには、ホームケアだけでは難しく、それらを排除するためには歯科医師や歯科衛生士によって除去していくことが最も有効であるといわれています。

健康寿命とお口の健康について

お口の健康は、全身の健康を保つためにとても重要で、特に「健康寿命」とは深いつながりがあります。「健康寿命」とは「日常で介護を必要とせずに自立した生活のできる期間」を指します。厚生労働省が2010年に発表した数値では、健康寿命の平均は男性70.42歳、女性は73.62歳でした。一方、平均寿命は男性79.55歳、女性86.30歳ということでしたが、健康寿命と寿命の間に、男性は約9年、女性は約13年の差があり、この差の期間は、介護などを必要とする期間にあたります。

そして、実は、認知症や寝たきりといった問題に、お口や歯の健康が深く関わっており、さらに、心臓病や糖尿病などの発症や悪化に、歯周病が深く関わっていることも分かっています。超高齢化社会に向かって、今後、認知症はますます課題になっていきます。歯があって「噛める」という刺激は脳に良い刺激となりますが、歯が無くなってしまうと、この刺激が低下します。歯周病菌の誤嚥による誤嚥性肺炎が原因で亡くなる人も多いことがわかってきています。

Make Health Last. What will your last 10 years look like?

動画でご説明

只今準備中です

予防歯科・PMTC  料金表

PAGE TOP