親知らずの抜歯

親知らずとは

親知らずとは、「智歯(ちし)」とも呼ばれ、おおむね10代後半から20代前半に生えてくる前から8番目の歯のことです。乳児の歯の生え始めとは違って、親がこの歯の生え始めを知ることはないので、「親知らず」という名が付いたといわれています。

親知らずを抜歯した方が良い理由

1.親知らずが少しだけ出ているが、これ以上きちんと生えてくる可能性が低い場合
親知らずが斜めになっていたり、横に倒れている場合はきちんと生え切ることはまずありません。
2.親知らずが横向きになっていたりして、手前の歯を押している
親知らずが手前の歯を強い力で押していると、歯並びがどんどん悪くなってしまうことがあります。
3.親知らずの周りに嚢胞(のうほう)ができている
埋もれた親知らずの周りにできることがある袋状の物を嚢胞と呼びますが、残しておくとトラブルを起こす原因となります。
4.親知らずが出ているが向かい側にはなく、かみ合わないので歯ぐきや頬の粘膜を傷つけている
親知らずはかみ合わなければのびていき、向かいの歯ぐきや頬の粘膜を噛むようになり、痛みを引き起こします。
5.親知らずがむし歯や歯周病になっている
親知らずは歯ブラシが届きにくく、むし歯や歯周病が進みやすい歯です。

安易に親知らずは抜歯しないでください

さいとう歯科では安易に親知らずを抜歯しません。
お口の中を全体的には診査診断した上で、他の歯の寿命などを精査し、移植に使用するかどうか、というところまで診査した上で本当に抜歯をする必要があれば抜きます。実際におられた患者様で、親知らずを4本抜歯をした直後に、他の歯を抜かなくてはいけなくなった、という方がおられます。お口の中を全体的に診査診断をできない医院に行かれるとこのようなことになってしまうことがあります。

親知らずを抜歯した方が良い場合

親知らずが横向きに生えている場合は、難易度が高く、処置ができない歯科医院もあります。その場合は口腔外科に紹介されることがあります。親知らずがまっすぐに生えている場合より、時間がかかりやすく、料金もやや高めになるのが一般的です。また、その後の腫れの状態などを見ながら3~4回の通院を行うことが多いようです。

親知らずが完全に埋まっている場合は、より難易度が増すため、親知らずの抜歯に精通した歯科医師のいる歯科医院でなければ処置が難しいことが多いようです。また、歯の根元には神経があるため、処置をする前に「歯科用CT」などで神経と親知らずの位置関係を把握しておく必要があります。

また、完全に埋もれていて骨の奥深くに入り込んでいる場合は歯科医院での処置は困難と判断され口腔外科に紹介されるケースもあります。さいとう歯科では’これらの’難易度の高い抜歯についても対応できる場合が多いですので、まずはご相談ください。

難易度が高い場合、他口腔外科の紹介よりも、痛みがないと、”経過観察”と言われることのほうが多いですが、親知らずも実際は知らないところで歯周病や、手前の歯の虫歯が進んでいることが多いです。また、親知らずがあることによって手前の歯の被せ物が清掃不良を起こしやすい形態になることがあります。

  • 完全埋伏歯

  • 半埋伏歯

動画でご説明

只今準備中です

親知らずの抜歯  料金表

PAGE TOP