インプラント

インプラントについて

あごの骨に埋め込まれる純チタン製の小さなネジのような部分をインプラントといい、これを使って治療します。自分の歯とほとんど変わらない状況になりますので、思い切り笑い、思い切り食事ができるようになります。

天然の歯の場合

天然歯は個人によって歯の色・形は異なり、あごの骨に歯根をしっかり固定する役割があります。中の象牙質を保護するため硬いエナメル質で覆われています。

インプラントの場合

強固な土台としての役割があり、表面は骨と結合するようにデザインされているのがインプラントです。アバットメント(支台)は、人工歯とインプラント体(人工歯根)を固定します。セラミックの人工歯は、天然歯の色と形に合わせることが可能です。

インプラントと他の治療法との比較

歯を失ってしまった時は、インプラント以外にも、「ブリッジ」や「入れ歯」などの選択肢があります。どの治療にも、当然、メリットとデメリットがありますが、自分の歯のように使用していくことをメリットと感じる方には、インプラントは最適であるともいえます。また、他の健康な歯に負担をかけないということは何よりも大きなメリットと言えます。

インプラント

保険対応
なし
メリット
・自分の歯のように噛める
・他の健康な歯に負担をかけない
・見た目も天然の歯と変わらない
デメリット
・手術が必要
・ある程度の治療期間が必要
・自費となるためそれなりの費用がかかる

ブリッジ

保険対応
あり
メリット
・すぐに治療できる
・保険での治療も可能
・固定式で違和感もほとんどない
デメリット
・健康な歯を削り支台歯としなければならない
・支台歯に負担がかかる

床義歯

保険対応
あり
メリット
・保険での治療も可能
・取り外しできる
デメリット
・痛い、はずれやすい、噛めないなどの悩みが多い
・バネをかける歯に負担がかかる
・バネが審美性を下げる

信頼のおけるストローマン社製のみ使用

ストローマンインプラントは世界70か国以上で使用されているインプラントメーカーで、実績とエビデンスに裏付けられた信頼と安全性は確かなものです。 現在、インプラントの種類は世界中にありますが、先進国の歯科医のほとんどはストローマンインプラントしか使用しません。実際に日本でも、他のインプラントで起こる失敗により、ストローマンインプラントを使用する歯科医師が増えています。

しかし、安価なインプラントを使用していた医院は、ストローマンインプラントに変えることで採算が合わず、せっかく成功率の高いストローマンインプラントを使用しているのに、CTをしっかり撮らなかったり、上に入れる人工歯を安価で劣悪なものにしたりなど、本来提供すべき歯科医療とかけ離れたものになってしまいます。 さいとう歯科医院ではストローマンインプラントしか使用しません。

インプラントの失敗率 ( 短期の場合〜1年以内 )

ストローマンで治療していたなら失敗率は半分だった!
  1. N社ではストローマンの2倍近い失敗率
  2. A社でも2倍の失敗率
  3. 他社での失敗率はスとローマンの8倍

インプラントの失敗率 ( 長期の場合〜10年 )

長期治療の場合、治療失敗率にさらに大きな違いが!
  1. N社はストローマンの約5倍の失敗率
  2. A社はストローマンの約5倍の失敗率
  3. 他社では約7.6倍の失敗率

治療の流れ

STEP 1 「問診表」の記入

当院では初診時と、しばらく当院に通われていない患者様へ「問診表」のご記入をお願いしています。現在の症状に関するお悩みや、現在飲んでいるお薬の事などをご記入していただきます。

STEP 2 歯科医師による問診・診療申込書の記入

患者さんの治療を受けたい理由・悩み・ご要望をよく聞いたうえで、インプラント治療が適しているか歯科医師が問診し、現在の歯の状態、インプラント治療を受けるための条件が揃っているかをチェックします。問診を終え、審査に進める際は「診療申込書」に記入をお願いいたします。(診療申込書=仮の申込書)

STEP 3 検査・診断内容確認書の

口腔内検査
口腔内の状態を把握するため、むし歯・歯周病の有無、粘膜、骨などを調べる検査です。
X線査
口腔内全体の骨の形や量を立体的に確認するため、口内全体を撮影できる歯科用CTで検査します。

以上の検査結果を用いて、お一人おひとりの患者さんに適したインプラント治療を計画します。診断内容をご確認いただけたら、「診断内容確認書」に、ご記名・ご捺印ください。

STEP 4 治療内容のご説明・治療同意書の記入

診断を元に治療内容のご説明をします。その後、治療を受けるか受けないか、どの治療を選択するか、ご判断いただきます。治療を受ける際には、「治療同意書」に、ご記名・ご捺印ください。

STEP 5 インプラント体の埋入と治療

局部麻酔をかけて、あごの骨にインプラント体を埋入します。その後はインプラント体と骨が結合するまで時間をあけます。インプラント治療がどれくらいで終わるのかは、治療状況(インプラント体の種類、骨の健康状態、患者さんの体調など)で異なります。

STEP 6 アバットメント(支台)の装着

患者さんの症状に適した、インプラント部分の精密な型取りを行い、それに適したアバットメントのデザインを選択し、装着します。

STEP 7 人工歯の装着

アバットメントに合わせたあと、患者さんの歯の形と色に合わせ、違和感のないような人工歯を作ります。
患者さんの口腔内にぴったりと合うことを確認したうえで、インプラント体の上に装着します。

メンテナンスについて

インプラント治療は、通常、メインテナンスを怠ると保証を受けられなくなってしまい、トラブルが発生した際の治療が全て有料になってしまいます。天然の歯と同じように、定期的なメインテナンスを受けることで、インプラントの周囲組織のトラブルを早期に発見できます。

  • 自分の歯が歯周病になる可能性が高まります
  • 治療の保証が受けられなくなってしまいます

メンテナンス方法について

毎日ご自身で行う「セルフケア」

日頃のハミガキでプラークを除去すれば、お口の中の衛生状態を清潔に保つことができます。

歯ブラシのほかにもデンタルフロス、歯間ブラシなどを併用すると、磨き残しを防ぎ、インプラント歯周炎や歯周病、天然歯の虫歯を予防し、インプラントのみならず口全体を清潔に保つことができます。

定期的に歯科医院で行う「メンテナンス」

口腔内の確認
一口腔単位でインプラント、天然歯、歯肉、粘膜などの状態を確認します。
X線撮影
噛み合わせの確認噛み合わせが悪くなると、特定の歯に大きな負担がかかるため、レントゲンやCTで、インプラントを支える顎の骨の状態、天然歯を支える顎の骨の状態なども含めて確認します。定期的に噛み合わせを確認することで、インプラントや他の歯の健康維持につなげます。
クリーニング
プラーク(歯垢)や歯石がたまってしまうと、インプラント周囲炎や歯周病の原因になります。クリーニングでは、インプラントやその他の歯についた汚れをプロが専用の器具を使用して落としていきます。自分自身では落とし切れていない汚れを落としてもらうことは、治療効果持続につながります。上部構造を外してクリーニングを行うこと場合もあります。
歯磨き指導
セルフケアで落とし切れていない汚れの部分などの、ブラッシング方法を歯科医師が指導します。

メンテナンスを怠っ場合…

  • 通常3~4ヶ月に1回メインテナンスを受けていただくことをおすすめします
  • インプラントのメインテナンスは、保険適用外です

インプラント周内炎にならないためには?

「インプラント周囲炎」はインプラントの歯周病のようなものであるため、インプラント脱落の原因となります。天然の歯も歯周病で失いますが、インプラントも日頃のお手入れをしないと同じだということです。

インプラント周囲炎は、歯周病と同様、病原性のプラークにより引き起こされます。天然歯の歯周病と異なる点として、インプラントの周りの組織には、歯根膜や血管が付着していないため、急速に炎症が拡がり、重症化しやすい点です。インプラント治療後は、定期的に歯科医院でメインテナンスを受け、しっかりと日ごろのセルフケアをする必要があります。

喫煙は厳禁です

喫煙は、歯肉の免疫力を低下させ、インプラント周囲炎のリスクを高めてしまいます。インプラント周囲炎の予防、インプラント脱落の予防のために、禁煙してください。

症例について

随時公開します

PAGE TOP